PR

ニュース 国際

トランプ氏がハリケーン死者数を疑問視 与野党の批判の的に

Messenger

 トランプ氏はマリア直撃後に停電が長引いたことなどで連邦政府のプエルトリコ支援に関して批判を浴びた。そのため、フローレンスでは中間選挙に向けて予定した遊説を中止してホワイトハウスでフローレンスへの対応の指揮をとり、ツイッターでも取り組みをアピールしている。

 ハリケーンへの対応は政権への支持に直結する。2005年、当時のブッシュ(子)政権は大型ハリケーン「カトリーナ」への危機管理が後手に回り、翌年の中間選挙で共和党が大敗する一因となった。トランプ氏はこの教訓を意識しているとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ