産経ニュース

【千夜一夜】美しき海峡と政治の現実 中東戦争で封鎖もされたティラン海峡

ニュース 国際

記事詳細

更新

【千夜一夜】
美しき海峡と政治の現実 中東戦争で封鎖もされたティラン海峡

 8月下旬、エジプト・シナイ半島南部の紅海に面するリゾート地、シャルムエルシェイクを訪れた際、目と鼻の先にあるティラン海峡に船で行く機会があった。周辺はシュノーケリングやスキューバダイビングを楽しむ人々でにぎわっていた。

 しかし、ティラン海峡は単なる観光名所ではない。

 海峡を抜けて細長く延びるアカバ湾を北上すれば、イスラエルの南部では唯一の港、エイラートに行き着く。

 1967年には、エジプトのナセル大統領がイスラエルの物資輸送ルートを遮断するため、この海峡の封鎖に踏み切り、第3次中東戦争の発端となった。

 また、海峡の脇にはティランとサナフィールという2つの無人島がある。帰属が曖昧だったこの2島について、エジプトのシーシー大統領は2016年、サウジアラビアのサルマン国王との間でサウジ領だと確認した。エジプト国内では「国土を切り売りするな」との批判が出て、サウジから財政支援を受けるために譲歩したのでは-といった見方も聞かれた。

 ティラン海峡では、ちょっと潜っただけでも色とりどりのサンゴや多くの種類の魚たちを見ることができた。船に戻って無人の島を見たとき、美しい別世界から中東政治の冷徹な現実に引き戻された気がして、ため息が出た。(佐藤貴生)

「ニュース」のランキング