PR

ニュース 国際

「ジャパン・ハウス ロンドン」開館式典にウィリアム英王子出席 「箸ゲーム」で枝豆つまむ

グランド・オープンで小学生が行う箸ゲームに参加、箸を使って枝豆をつまみ、拍手を浴びるウィリアム王子=13日、ジャパン・ハウス ロンドン(岡部伸撮影)
Messenger

 【ロンドン=岡部伸】海外で日本の文化や魅力などを発信する拠点施設「ジャパン・ハウス ロンドン」が13日、英国ロンドンで、英王室のウィリアム王子や麻生太郎副総理兼財務相らを招き、グランド・オープンを祝う式典を行った。

 式典に先立ち、鶴岡公二駐英大使や麻生氏らから開館に至った経緯の説明を受けた王子は「大変すばらしい建物だ」と述べた。また、2019年ラグビーワールドカップから20年東京五輪・パラリンピックにかけて開催される文化・芸術などの交流「日英文化季間」の説明を受け、「スポーツを通じて両国の交流が深まる」と語った。

 館内の日本レストランではマグロの刺し身に舌鼓を打ち、「妻(キャサリン妃)はすしが大好物」などと話した。小学生が行う箸ゲームにも参加し、箸を使って枝豆をつまみ、麻生氏らから拍手を浴びた。

 ウィリアム王子は「ジャパン・ハウスが日英関係を発展させる架け橋になる」とスピーチを行った。ジャパン・ハウスは、ブラジル・サンパウロと米ロサンゼルスでも整備されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ