産経ニュース

東京五輪の南北チーム構想を説明、スポーツ交流も提案 日中韓スポーツ相会合 日本は「環境整わず」

ニュース 国際

記事詳細

更新


東京五輪の南北チーム構想を説明、スポーツ交流も提案 日中韓スポーツ相会合 日本は「環境整わず」

 日中韓3カ国のスポーツ行政担当相会合が13日、東京都内で開かれ、韓国側が日本に対し、2020年東京五輪での韓国と北朝鮮による南北合同チーム結成の構想を説明した。韓国は北朝鮮も含めた4カ国間でのスポーツ分野の交流や協力も提案したが、日本側は「現下の情勢においては環境が整っていない」と困難との姿勢を示した。林芳正文部科学相が会合後に明らかにした。

 南北合同チームは2月の平昌冬季五輪(韓国)で、アイスホッケー女子で五輪史上初めて実施され、韓国は既に東京五輪での結成も北朝鮮に提案している。林氏は「国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会、国際競技連盟と事前に十分な調整をしていただきたい」と韓国に求めたと明らかにした。

 韓国の都鍾煥・文化体育観光相は会合冒頭で、南北融和に好影響を与えた平昌五輪の成果が「20年東京五輪、22年北京冬季五輪にまでつながることを希望する。(3カ国で)リレー開催される大会の最高のレガシーは、平和になる」とスポーツを通じた東アジアの緊張緩和に意欲を示した。

「ニュース」のランキング