産経ニュース

【日中首脳会談】安倍首相、10月訪中へ 習氏、拉致問題で日本支持

ニュース 国際

記事詳細

更新

【日中首脳会談】
安倍首相、10月訪中へ 習氏、拉致問題で日本支持

会談で握手する中国の習近平国家主席(右)と安倍首相=12日午前、ウラジオストク(代表撮影) 会談で握手する中国の習近平国家主席(右)と安倍首相=12日午前、ウラジオストク(代表撮影)

 【ウラジオストク=田北真樹子】ロシア極東ウラジオストクを訪問中の安倍晋三首相は12日(日本時間同)、中国の習近平国家主席と会談した。両首脳は、日中平和友好条約締結40周年を迎える今年は関係を前進させる好機として、10月中旬の安倍首相訪中へ調整を進めることで一致した。また、朝鮮半島の非核化の実現は共通の目標であるとして、緊密に連携することを確認。習氏は「拉致問題を含む北朝鮮に対する日本の関心、立場を理解し、支持する」と表明した。

 首相は会談後、記者団に「両首脳の往来によって(日中)両国関係を新たな段階に押し上げていくことで、北東アジアの平和と繁栄の礎を築き上げていきたい」と語った。

 安倍首相と習氏の会談は、両国関係を改善させることで一致したベトナムでの昨年11月以来、7回目。今年5月には李克強首相が中国首相として8年ぶりに来日し、安倍首相の年内訪中を招請していた。今回の会談では首相が習氏の訪日を重ねて呼びかけ、習氏は「留意する」と応じた。

 会談では、第三国での民間の経済協力の推進や、知的財産に関する対話を深めることで一致した。首相から中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」への言及はなかったものの、中国外務省は、習氏が会談で「一帯一路」が日中間の協力を深化させる上での「実験場」になるとの考え方を示したと説明した。

 一方、首相は尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での中国公船による領海侵入が続いていることを取り上げた。両首脳は東シナ海を「平和、協力、友好の海」とするよう努力することも確認した。ただ習氏は、両国が政治的基盤を固める必要があるとした上で「特に日本は歴史や台湾などのデリケートな問題を適切に処理しなければならない」と述べた。

「ニュース」のランキング