PR

ニュース 国際

【矢板明夫の中国点描】悲劇生んだ「一人っ子政策」 権力者の思いつきに翻弄される中国

Messenger

 いびつな人口構成が深刻化した2015年にようやく第2子が認められたが、出生率は思うように伸びなかった。このため今度は一転して正反対の出産奨励策を実施し始めたというわけだ。

 指導者の思いつきで多くの中国人の人生が翻弄されてしまったが、共産党の一党独裁体制が続く限り、こうした悲劇が繰り返され得ることを忘れてはならない。(外信部次長)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ