PR

ニュース 国際

ミャンマーでロイター通信の2記者に実刑 スー・チー氏の沈黙に民主化後退の懸念

5日、バングラデシュ南東部コックスバザールで、ロイター通信の記者2人に対する実刑判決に抗議するロヒンギャ難民ら(ロイター)
Messenger

 【シンガポール=吉村英輝】ミャンマーの裁判所が3日、ロイター通信の記者2人に、国家機密法違反の罪で実刑判決を言い渡したことで、欧米諸国や人権団体からは、報道の自由の侵害を懸念する声が上がる。だが、同国民主化のシンボル的存在であるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は、沈黙したままだ。

 「彼らは無実。ジャーナリストとしての仕事をしただけだ」。有罪となった記者の一人、チョー・ソー・ウー氏(28)の妻は4日、最大都市ヤンゴンで記者会見し、こう訴えた。3歳の娘と夫の帰宅を待つ。もう一人のワ・ロン氏(32)の妻は、先月に第1子の娘を出産したばかりという。

 ミャンマーは三審制で、今回は1審。確定までには時間がかかりそうだ。

 2人は、西部ラカイン州で昨年、イスラム教徒少数民族ロヒンギャ10人が殺害された事案を取材。12月に警察官から“秘密裏”に面会場所のレストランに呼び出されて資料を受け取り、外に出たところで別の警察官に逮捕された。

 2人を知る現地のベテラン記者は「資料を見る前に逮捕された。法律に従い公正な裁判を受ければ無罪となるはずだ」と、冷静な態度をみせていた。市民にはロヒンギャへの差別意識もあり、批判しにくい事情もあったようだ。

 しかし、判決を受け、現地記者らは「報道の自由に深刻な脅威を与える」と懸念を表明し始めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ