PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】弾道ミサイル消え、経済建設前面に 北建国70年パレード 首脳外交は不発

Messenger

 米国の対北朝鮮圧力は、各国の外交にも及んでいるようだ。北朝鮮は各国首脳に9日に合わせた訪朝を招請したが、訪朝が確認されたのはアフリカ・モーリタニアの大統領だけ。北朝鮮側は、米国が「高官を派遣しないよう圧力をかけている」と非難していた。

 9日夜には、5年ぶりとなる10万人規模のマスゲーム・芸術公演も行われ、金正恩氏が各国代表団や李雪主(リ・ソルジュ)夫人らと鑑賞。4月の南北首脳会談で文大統領と抱き合う場面も映し出され、南北融和が演出された。

 これに応えるよう、韓国大統領府関係者は10日、平壌で18~20日に開かれる首脳会談での訪朝団に関し、200人程度で合意したとし、財界関係者の参加に期待を示した。文政権だけが経済協力に先走れば、米韓の溝を生みかねない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ