PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】米韓の不協和音に付け入る北朝鮮 「終戦宣言」前のめりの文在寅政権取り込みへ

5日、北朝鮮・平壌訪問を終え、ソウル空港に到着した鄭義溶・大統領府国家安保室長(中央手前)らの特使団(聯合=共同)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅大統領が5日に北朝鮮に派遣した特使団は3月に金正恩朝鮮労働党委員長から「非核化」の言質を取り付け、その後の南北・米朝首脳会談への道筋を付けた面々だ。その非核化の約束に疑問符が付きつつある。北朝鮮は米韓の不協和音に付け入るかのような動きも見せている。

 「朝米間の信頼醸成では平和体制構築のための政治的意志の表れとして終戦を宣言することが最初の工程だ」。北朝鮮外務省軍縮・平和研究所所長名でこう米側に朝鮮戦争の終戦宣言を要求する論文が同省サイトに4日付で掲載された。

 終戦宣言を軸に北朝鮮の非核化を促そうという構想はそもそも文氏が描き、金氏とトランプ米大統領に提案したとされる。

 だが、米側は宣言には北朝鮮の具体的非核化措置が必須だとの立場だ。これに対して北朝鮮は既に核・ミサイル実験中止や核実験場廃棄といった措置を取っており、米側が宣言に応じない限り、「われわれが一方的に動くことは絶対にない」(李容浩(リ・ヨンホ)外相)と反発。皮肉にも終戦宣言が米朝協議の膠着(こうちゃく)化を招いた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ