PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】北の軍事パレード訓練会場でミサイル発射台見えず 米「38ノース」が衛星写真分析

8月31日に撮影された平壌の衛星写真。軍事パレードの訓練のために集まった車両や兵士が確認できる。(1)約500台の車両(2)金日成広場を模した広場(3)観覧台(4)多数の兵士ら(アースキャスト・デイモスイメージング/38ノース提供・共同)
Messenger

 米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は4日、北朝鮮が9日の建国70周年記念日に合わせて首都平壌で開く予定の軍事パレードの訓練会場から、ミサイル運搬用の移動発射台が見えなくなったとの記事を掲載した。8月31日撮影の商業衛星写真を分析した。

 8月22日の衛星写真では複数の発射台が確認されていた。パレードに米本土を狙う大陸間弾道ミサイル(ICBM)を出すかどうかが注目されており、38ノースは、北朝鮮がどのような兵器を準備しているか分かりにくくしようとしている可能性もあると指摘した。

 衛星写真では他に、金日成広場を模した広場などで多数の兵士が訓練しているのも確認された。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ