PR

ニュース 国際

「台湾存続、中国圧力で危機」 台湾の陳水扁元総統に独占インタビュー 10年ぶりメディアに

インタビューに答える陳水扁氏
Messenger

 台湾の陳水扁(ちん・すいへん)元総統は4日までに、南部・高雄市内で産経新聞の単独インタビューに応じ、「中国から強い外交的、軍事的圧力を受けている台湾はいま、大変危機的な状況にある」との認識を示した上で、中国の脅威に対抗するために、「一日も早く民意を問う住民投票を実施して、台湾の声を世界に伝える必要がある」と強調した。2008年に総統を退任した陳氏は、汚職などの罪で約6年投獄され現在は仮釈放中で、メディアのインタビューに応じたのは約10年ぶり。(高雄 矢板明夫)

 最近、台湾と外交関係のある国が次々と中国に奪われていることについて、陳氏は「国際社会における台湾の存在感を抹殺することが目的だ。台湾を併合することへの準備であり、いつ武力行使があってもおかしくない」と分析した。蔡英文(さい・えいぶん)政権が堅持している「現状維持」という対中姿勢について、陳氏は「守りの姿勢だけでは限界がある」と苦言を呈した。その上で、「私たちは武力ではなく、民主主義的な手法で対抗するしかない」と強調し、蔡政権に対し「住民投票を推進すべきだ」と提言した。「中国の一部になりたくない」という台湾の民意を数字ではっきりと示し、国際社会に理解される努力をする必要があると主張した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ