PR

ニュース 国際

米支援停止でパキスタン窮地 決定に反発もタリバンとの関係遮断困難

デビッド・ホール駐パキスタン米大使(右)と会談するイムラン・カーン首相(左)=24日、イスラマバードの首相官邸(AP)
Messenger

 【ニューデリー=森浩】米国が決定した3億ドル(約334億円)の軍事支援停止を受け、パキスタンのカーン政権が対応に苦慮している。支援打ち切りに反発する一方、米国が求めるアフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンとの関係遮断は、国内で強い影響力を持つ軍の意向もあり簡単ではない。経済状態が急速に悪化し、米国との対立は避けたい局面の中、カーン首相のかじ取りが注目される。

 「私たちは対テロ戦で大きな犠牲を払った。3億ドルは平和と安定を創出するという共通目的のためにパキスタンが支出したものだ」

 パキスタンのクレシ外相は2日、記者団を前に支援取り消しについて不満を表明。5日のポンペオ米国務長官のパキスタン訪問時に議題にすることを明らかにした。同時にクレシ氏は「パキスタンは2国間関係の発展に努力する。ポンペオ氏の意見にも当然耳を傾ける」とも発言。米国との良好な関係を望む姿勢を強調している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ