産経ニュース

露軍機が日本列島を周回、空自スクランブル 東方経済フォーラムの前に「特異な飛行」

ニュース 国際

記事詳細

更新


露軍機が日本列島を周回、空自スクランブル 東方経済フォーラムの前に「特異な飛行」

TU-142の経路 TU-142の経路

 防衛省統合幕僚監部は1日、ロシア軍のTU142哨戒機2機が同日午後、日本を周回飛行するのを確認し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。領空侵犯はなかった。同一のロシア軍機による日本列島周遊が明らかになるのは、昨年1月以来。

 統幕によると、TU142は北海道沖から反時計回りに飛行。対馬海峡を経て沖縄本島と宮古島間を通過後、太平洋を北上した。空自は4つの方面隊の戦闘機を次々に緊急発進させ、不測の事態に備えた。

 ロシア軍は近年、日本海や太平洋上空での長距離飛行を活発化させている。軍改革の成果の検証などを目的とした演習や訓練との見方がある。また、今月11日から極東ウラジオストクで開かれ、安倍晋三首相も出席予定の「東方経済フォーラム」をにらんだ挑発行動やけん制の可能性もある。

 防衛省幹部は「ロシア側の意図は分析中だが、特異な飛行であることは間違いない。情報収集と警戒監視に万全を尽くす」と警戒を強めている。

 統幕は同日、ロシア軍のSU24戦術偵察機1機が北海道沖から能登半島沖を飛行し、再び北海道沖まで戻ったことも公表した。空自戦闘機がスクランブル対応し、領空侵犯はなかった。

このニュースの写真

  • 露軍機が日本列島を周回、空自スクランブル 東方経済フォーラムの前に「特異な飛行」
  • 露軍機が日本列島を周回、空自スクランブル 東方経済フォーラムの前に「特異な飛行」

「ニュース」のランキング