PR

ニュース 国際

トランプ米大統領カナダに強硬姿勢 NAFTA再交渉で

 トランプ米大統領(ロイター)
Messenger

 トランプ米大統領は1日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡るカナダとの協議について、公正な合意にならなければ「(NAFTAから)カナダは出て行くことになる」とツイッターに投稿し、改めて強硬姿勢を示した。

 米国とカナダは5日に協議する予定で、米側が市場開放を求める農産物分野などで調整が難航している。

 トランプ氏は「カナダをとどめておく政治的な必要性はない」と指摘した。ただ、カナダが離脱すれば経済への悪影響が大きいため米議会には反対論が根強い。米国商業会議所もカナダとメキシコの3カ国による合意でなければ「議会の承認は得られず、経済界の支援も失うだろう」と指摘した。

 こうした見方に対し、トランプ氏は「議会は交渉に干渉すべきではない。さもないとNAFTAを終わらせる」とけん制した。

 またカナダなどを念頭に、不公正な貿易取引を行い、米国に安全保障面でただ乗りするような友好国から「(商品を)買うべきではない」とも述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ