PR

ニュース 国際

「今度は彼女が夢を追い掛ける番」 ノルウェー閣僚、妻の仕事理由に辞任 米国へ移住

妻の仕事を理由に辞任するケティル・ソールビーク=オルセン運輸・通信相(左、ロイター)
Messenger

 ノルウェーのソールビークオルセン運輸・通信相は8月31日、米アラバマ州の病院で医師として勤務することが決まった妻に同行し、家族で米国に1年間移ることを理由に辞任した。欧州メディアが伝えた。

 ソービクネス石油・エネルギー相も、首都オスロから離れて暮らす前妻との間に生まれた子供との時間を増やすとの理由で同じく辞任した。

 後任を同日任命したソールバルグ首相は記者会見で「子供たちがオスロに住んでいない場合に閣僚になることのつらさを多くの人たちは過小評価している」と理解を示した。

 ソールビークオルセン氏は自身のフェイスブックに「世界で最も格好いい仕事につけて幸運だった。今度は彼女が夢を追い掛ける番だ」と書き込んだ。米国から帰国後は政界に戻る意向という。

 一方、ソービクネス氏は子供たちが住むノルウェー西部の地元に戻るといい「他のことより大事なものがある」と説明した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ