PR

ニュース 国際

【劇場型半島】米朝非核化交渉はなぜ行き詰まったのか…トランプ氏を別格視する北朝鮮の不可思議な「論法」が壁に

6月12日、シンガポールでの首脳会談で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領(ロイター)
Messenger

 米国と北朝鮮の首脳が史上初めて固い握手交わしたはずが、米朝の非核化交渉が目に見えて行き詰まっている。ポンペオ米国務長官の8月下旬の訪朝が急遽(きゅうきょ)、取りやめになり、北朝鮮が送った「好戦的」な書簡が原因だとも伝えられた。ただ、北朝鮮はこれまでメディアなどを通じて言いたい主張を雄弁に語ってきた。そこからは、北朝鮮がトランプ大統領を別格視し、周囲に責任を転嫁する独特の論法に固執し、自縄自縛に陥っている様子が浮かぶ。(ソウル 桜井紀雄)

「好戦的」秘密書簡

 米紙ワシントン・ポストは8月27日、トランプ氏が急遽、ポンペオ氏の訪朝中止を指示したのは、交渉相手の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長から直前に受け取った秘密書簡が原因だと報じた。

 書簡は「訪朝を取りやめるのに十分なほど好戦的だった」としている。米CNNテレビによると、非核化が進まないのは「米国が平和協定に向けた北朝鮮の期待に応えていないためだ」と不満を示し、非核化交渉は「危機にひんしており、瓦解(がかい)する恐れすらある」と警告する内容だったという。

 韓国の情報機関、国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長は28日、国会情報委員会で「米国は北朝鮮の非核化宣言を先に要求、北朝鮮は(朝鮮戦争の)終戦宣言の採択を先に要求し、両者の立場が衝突している」ことが訪朝中止の背景にあると説明した。出席議員が明らかにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ