PR

ニュース 国際

【トランプ政権】米中間選挙後の司法長官解任を示唆 トランプ氏、モラー氏の露疑惑捜査は「違法」

Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は30日、米ブルームバーグ通信のインタビューで、セッションズ司法長官について、11月の中間選挙後に解任する可能性を示唆した。また、モラー特別検察官によるロシアの米大統領選干渉疑惑の捜査を「違法」だと断じた。

 トランプ氏はセッションズ氏に関し、「彼には良い仕事をしてほしいだけだ」としたが、11月以降も職にとどまらせるかという質問には答えなかった。

 トランプ氏はセッションズ氏について、司法省を掌握できていないなどと批判してきたが、解任に関しては言及を控えていた。米議会の与党・共和党には、ロシア疑惑の捜査への関与を辞退しているセッションズ氏の後任にモラー氏を解任させ、トランプ氏が捜査を中断させることへの警戒論がある。

 モラー氏はトランプ氏自身からの聴取を検討している。トランプ氏はインタビューで聴取に応じるかは明言を避けつつも「私は違法な捜査とみている」と述べて、昨年5月の特別検察官の任命そのものが正当ではなかったとの考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ