PR

ニュース 国際

【トランプ政権】「検索、悪い記事ばかり」 トランプ大統領の不正疑う グーグルは操作を否定

グーグルのロゴマーク=米カリフォルニア州(ロイター)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は28日、米IT大手グーグルが提供する検索機能について「“トランプ ニュース”と検索すると、フェイク(偽)ニュース・メディアの記事ばかりが出てくる。ほとんどが悪い記事になるような不正が行われている」とツイッターに書き、人為的な操作を疑った。これに対し、グーグルは不正操作を否定している。

 トランプ氏は「96%の検索結果は左翼メディアによるもので、非常に危険だ。グーグルや他の会社は保守主義者の意見を抑圧し、情報を隠している」と指摘した。また、「非常に深刻な状況」にあるとして違法性を疑い、取り組みが必要になると強調した。

 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は28日、グーグルを政府が規制すべきかについて、ホワイトハウスとして「調べている」と記者団に語った。

 フェイスブックなどは最近、トランプ氏の支持者の一部に影響力を持ち、“陰謀論者”として知られる人物の投稿を削除するなどの自主規制を加えており、トランプ氏はIT大手への批判を繰り返している。

 グーグルはトランプ氏の批判に対し、声明で「検索結果はいかなる政治思想にも偏っていない」と不正操作を否定した。また、利用者が入力したキーワードに応じて最適な検索結果が出るよう、アルゴリズム(計算手法)の改善に取り組んでいるとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ