PR

ニュース 国際

中国、本紙の代表取材拒否 日本人記者会がボイコット

Messenger

 中国当局は6月、日本記者クラブ主催の中国チベット自治区への取材団派遣をめぐっても産経新聞記者の参加を拒否。日本記者クラブは「言論・表現の自由の観点から承認できない」として派遣を中止した。

 産経新聞は、3月に行われた李克強首相の記者会見への出席も昨年に続き拒否されている。

    

「不当な妨害」

 井口文彦産経新聞社執行役員東京編集局長の話 日本記者団の代表取材者として申請した産経新聞記者の取材参加を中国当局が拒絶したことは、合法的な取材活動に対する不当な妨害であり、看過できない措置として遺憾の意を表明する。

 近年、国内外メディアに対する中国当局の締め付けが厳しくなっており、6月にも日本記者クラブが主催したチベット自治区への取材団派遣において産経新聞記者の参加を拒否し、取材団派遣が中止となっている。特定メディアの排除を求める中国当局の対応は、決して承服できるものではない。

 中国の状況を読者に対して正確に伝えるべく、産経新聞社は今後も全力を尽くしていく。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ