PR

ニュース 国際

「微博」など中国SNSから個人情報30億件流出 現地IT企業トップが首謀か

3日、中国デジタルエンタテインメントエキスポに出店した騰訊のブース=上海(ロイター)
Messenger

 「微博(ウェイボー)」など中国の主なSNS(会員制交流サイト)から、30億件もの個人情報が不正アクセスにより盗まれたことが、このほど明らかになった。中国の店頭市場に上場するIT関連企業の実質的なトップが犯行を首謀したとみられ、インターネット利用の広がる中国で「過去最大」の情報流出として衝撃を広げている。(フジサンケイビジネスアイ

 報道によると、一連の不正アクセスは、中国のSNSユーザーから自分のアカウントで身に覚えのない操作が繰り返されている、という通報が相次いだことで、浙江省のサイバー警察が捜査を進めて判明した。

 複数のIPアドレスを特定して調べた結果、インターネット広告を手掛ける北京瑞智華勝科技公司など3社の介在が浮上。警察はこれまでに容疑者6人の身柄を拘束した。

 さらに、これら企業の実質的な経営権を持つ人物が、犯行を首謀していたとみて行方を追っている。

 不正アクセスにより抜き取られた可能性のある個人情報が30億件に達したのは、中国のネット犯罪で「最大規模」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ