PR

ニュース 国際

「1人で歴史変えた」日系女性 米の強制収容めぐり勝訴導く資料発見 7月死去のアイコ・ハージッグ・ヨシナガさん

戦時中の日系人強制収容の不当性を裁判で訴えたフレッド・コレマツ氏(左端)、ゴードン・ヒラバヤシ氏(左から2番目)らとともに、強制収容をめぐる集団損害賠償訴訟の審問があった米ワシントンの連邦最高裁判所前に立つアイコ・ハージッグ・ヨシナガさん(右から2人目)=1987年4月20日(全米日系人博物館提供、ハンナ・トミコ・ホルムズさん寄贈)
Messenger

 【ロサンゼルス=住井亨介】先の大戦時の強制収容をめぐり、米政府が日系人に謝罪、補償した「市民の自由法(強制収容補償法)」成立に貢献した日系人活動家に、アイコ・ハージッグ・ヨシナガさんがいる。強制収容の不当性をめぐる法廷闘争を勝利に導く資料を発見し、日系人の名誉回復に道を開いたヨシナガさんは、謝罪から30年目に当たる今年、7月18日に93歳で鬼籍に入ったが、その死を惜しむ声はなおも続いている。

 ■主婦から転身

 生前のインタビューや関係者などによると、ヨシナガさんはカリフォルニア州サクラメント生まれの日系2世で、父母は熊本からの移民だった。高校生だった1941年12月に旧日本軍による真珠湾攻撃があり、同州のマンザナー収容所に送られた。

 戦後は各地を転々とし、2回の離婚を経験。ニューヨークで女手一つで3人の子供を育てた。公民権運動とベトナム反戦運動が盛り上がった60年代後半には、日系人が中心となった政治団体に参加。自らが経験した日系人強制収容や人種差別について疑問を深めていった。

 当時からの友人で全米日系人博物館の首席学芸員、カレン・L・イシズカさんは「本当にはっきりものを言う人で、政治的にもとても活動的だった」と振り返る。反アパルトヘイト(人種隔離)政策運動でカーター米元大統領の娘とともに当局に身柄を拘束されたこともあったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ