PR

ニュース 国際

米政権内で韓国懸念浮上 非核化より南北改善優先

韓国の文在寅大統領(ロイター)
Messenger

 米紙ワシントン・ポストは27日、韓国の文在寅政権が米朝の非核化交渉の進展と切り離して南北関係の改善を進めようとしているとして、トランプ政権内で韓国政府への懸念が浮上していると伝えた。

 米国務省は一貫して「南北関係の改善が北朝鮮の核問題解決に先行することはない」との立場を示してきた。韓国が南北関係改善を優先して進めれば、非核化に向けた日米韓の連携に亀裂を招く可能性がある。

 同紙によると、米政府高官は米スタンフォード大の専門家に対し「米国は韓国と大きな問題を抱えようとしている。韓国は先に進む決心をした。もはや米国と足並みをそろえて行動する必要を感じていない」と語った。

 文氏は9月に訪朝して3度目の南北首脳会談に臨む予定。南北の当局者が常駐する共同連絡事務所を北朝鮮に開設する方向でも進んでいるが、米国は事務所への物資供給が国連安全保障理事会の制裁決議に違反しないかを注視している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ