PR

ニュース 国際

【日曜に書く】世界を苛む「スターリン」の影 論説委員・斎藤勉

映画「スターリンの葬送狂騒曲」のワンシーン
Messenger

 《スターリンが死んだ。後継者になったフルシチョフらは独裁者を厄介払いしようと、海外に埋葬場所を求める。各国に次々と断られる中で、イスラエルだけが「ソ連にはわが建国に干渉しなかった恩がある」と受け入れた。しかし、フルシチョフは猛反対した。「あそこは昔、復活劇(キリストのこと)があった所ではないか!》

 この夏、英仏合作映画『スターリンの葬送狂騒曲』を見て、ロシアのアネクドート(政治風刺小話)を思い出した。約30年もの独裁統治の末、1953年3月5日、74歳で死んだスターリンの跡目をめぐるドタバタ劇だ。昨年来、欧米では大反響を呼びながら、プーチン政権はロシア国内での上映を禁止したいわくつきの作品である。

 「この種の映画では異例の盛況」と映画館関係者は語る。

独裁者の時代

 プーチン氏はロシア革命以来、スターリンに次ぐ2番目の長期指導者となった。中国の習近平氏はスターリンとその“弟分”だった毛沢東張りに後継のルールなき「終身国家主席」の道に踏み出し、米国仕様の世界秩序に真っ向から挑戦する。北朝鮮の金王朝3代目、正恩労働党委員長も米国との瀬戸際外交で超延命をもくろむ。世界は動乱含みの「独裁者の時代」に入った。そんな空気を反映した“スターリン人気”であろうか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ