PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】米朝「曖昧合意」のツケが表面化 事前協議難航でポンペオ氏訪朝中止

Messenger

 ただ、今回の対応に関しては「非核化の進展ぶりが不満であるならば、むしろポンペオ氏を訪朝させて北朝鮮に直接伝え、(事態打開に向けた)具体的提案をすべきだ」(政策研究機関「軍備管理協会」のダリル・キンボール事務局長)などの批判や懸念も強い。

 一方、トランプ氏が先の首脳会談を受け、「北朝鮮の脅威はなくなった」などと発言したことも、中国やロシアに対北朝鮮圧力を緩和する口実を与えるという痛い誤算を生んだ。

 特に中国は、北朝鮮の「後ろ盾」としての存在感を改めて誇示し、米中貿易摩擦の収拾に向けた取引材料にする構えを強く打ち出しつつある。

 トランプ政権が中朝双方に厳然とした姿勢を維持するのであれば、両国に対する追加制裁で対抗していく事態も想定される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ