産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


プロフィル/オーストラリア・モリソン新首相

24日、オーストラリアの首都キャンベラで就任宣誓式にのぞむモリソン新首相(ロイター) 24日、オーストラリアの首都キャンベラで就任宣誓式にのぞむモリソン新首相(ロイター)

 党首選後の記者会見で、争ったビショップ外相やダットン前内相にも入閣を呼びかけていくと述べ、深い亀裂が生じた党内の融和を優先していく姿勢を強調した。一方、次期総選挙の時期については「すぐ実施されると思って準備しない方がいい」とけむに巻いた。

 1968年、オーストラリアの最大都市シドニー生まれ。政治との関わりは、警察官だった父親の地方選挙を応援した9歳の時からだ。ニューサウスウェールズ大卒業後も、不動産や観光業のほか、政府機関の仕事に携わりながら政治とのつながりを維持してきた。

 2007年、連邦下院議員選で初当選。ターンブル前首相の派閥ながら、09年に党首になったアボット元首相に近づいて入閣し、ターンブル政権でも財務相の重職を得た。政治的な「選球眼」への評価は高い。

 13年9月に就任した移民・国境警備相時代は、不法な密航船を追い返す強硬な移民政策を実施。「人種差別主義者などあらゆる悪口を言われた」と振り返る。

 党内では中道右派とされ、同性婚の法制化などに反対した。敬虔(けいけん)なキリスト教徒で、幼なじみのジェニー夫人との間に2人の娘がいる。(吉村英輝)

「ニュース」のランキング