PR

ニュース 国際

【朴槿恵被告判決】朴被告、2審も実刑判決 懲役25年・罰金20億円でより重刑に サムスンからの収賄も認定

韓国の前大統領、朴槿恵被告(聯合=共同)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】巨額の賄賂を受け取ったとする収賄罪などに問われた韓国前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告(66)に対する控訴審の判決公判が24日、ソウル高裁で開かれた。高裁は懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)とした1審判決を破棄、懲役25年、罰金200億ウォンを言い渡した。

 1審は、朴前大統領が親友で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告(62)と共謀し、韓国ロッテグループから崔被告が事実上支配する財団に資金援助させる形で70億ウォンの賄賂を受け取ったと認めた。しかし、最大財閥、サムスングループから賄賂を受け取ったとする収賄罪などの一部は無罪とし、検察が控訴。高裁は朴被告が賄賂の見返りに暗黙の口利きを行ったとして無罪の一部を有罪と認定した。求刑は懲役30年だった。

 朴被告は1審途中の昨秋から出廷拒否を続けており、控訴もせず、この日の公判にも出廷しなかった。別の収賄罪や公職選挙法違反罪などについても、1審で懲役計8年などの実刑判決を受けている。

 崔被告に対しても同日、控訴審判決が言い渡され、懲役は1審同様20年だったが、罰金は200億ウォン(1審180億ウォン)に増えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ