PR

ニュース 国際

プラハの春、軍事介入50年 チェコ、スロバキアで追悼 大統領は式典欠席

21日、チェコ・プラハでの式典で献花するバビシュ首相(ロイター)
Messenger

 旧チェコスロバキアの民主化運動「プラハの春」鎮圧のため、ソ連軍を中心とする東側諸国のワルシャワ条約機構軍約20万人が侵攻した「チェコ事件」から50年が経過した21日、チェコやスロバキア各地で事件を振り返り、犠牲者らを追悼する式典などが行われた。

 ソ連軍などは1968年8月20日夜から21日にかけて侵攻した。当時、戦車に急襲されたプラハ市内のチェコ・ラジオ前での式典では、チェコのバビシュ首相が「自由と民主主義は異論を認めることで成立する」とスピーチ、抑圧に立ち向かった人々をたたえた。

 ただ、バビシュ内閣はボヘミア・モラビア共産党の閣外協力を得ていることもあり、市民らは演説中に批判の声を上げた。親ロシア、中国の立場を取るゼマン大統領は式典を欠席。

 「人間の顔をした社会主義」を掲げたチェコスロバキア共産党指導部が主導した自由化路線は、軍事介入により頓挫。68年だけで百数十人が死亡、数百人が負傷したとされる。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ