PR

ニュース 国際

【ロシアを読む】暗躍するロシア民間軍事会社「ワグナー」 中央アフリカの記者殺害でまた疑惑

1日、モスクワの露ジャーナリスト協会には、殺害された3人のジャーナリストの写真が置かれ、多くの関係者が死を悼んだ(AP)
Messenger

 内戦状態の続く中央アフリカ共和国で7月末、ロシアの反政権派ジャーナリスト3人が移動中に襲撃を受け、殺害された。3人は、現地で暗躍するロシア系民間軍事会社(PMC)「ワグナー」の活動を調査しようとしていた。ワグナーはプーチン露大統領に近い人物の傘下にあり、「被害者らは政権に不都合な取材をしようとしたために消されたのではないか」との疑惑がくすぶっている。

 襲撃は7月30日の日没後、中央アフリカの首都バンギから約185キロ北方のシブート近郊の路上で発生。乗っていた車が待ち伏せしていたとみられる集団に銃撃され、記者とディレクター、カメラマンが死亡した。現地人の運転手だけが難を逃れたが、事件後は当局に囲われており、当時の詳しい状況は分かっていない。

 ジャーナリスト3人は、プーチン氏の政敵として長年獄中にあった元石油王、ホドルコフスキー氏=在英国=が支援するメディア事業体の仕事を請け負い、中央アフリカのワグナーを取材しようとしていた。

 露外務省は「3人は強盗に襲われたようだ」との見解を発表。中央アフリカでは宗教対立の絡む武力衝突が続いており、現地の治安が悪いのは間違いない。

 ただ、被害者らは経験豊かなジャーナリストとして知られていた上、当初予定の移動経路を変更して襲撃にあっているなど、不可解な点が少なくない。何より、「3人を消すことによって『利益』を得る勢力が確実に存在する」(露識者)ということが疑念を呼んでいる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ