PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】韓国側離散家族89人が訪朝、約3年ぶり再会行事始まる 文在寅大統領は「最優先事項だ」と行事の定例化に期待

20日、北朝鮮の金剛山で韓国側の離散家族との夕食会に向かう北朝鮮側の家族ら(AP)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】朝鮮戦争(1950~53年)などで韓国と北朝鮮で生き別れになった南北離散家族の再会行事が20日、北朝鮮南東部の金剛山(クムガンサン)で始まり、韓国北東部の束草(ソクチョ)から訪朝した韓国側当事者89人が北朝鮮の家族と再会を果たした。4月の南北首脳会談での合意を受けたもので、再会行事開催は2015年10月以来、約3年ぶり。

 20日午後に団体での面会が始まると、会場のそこかしこで涙ながらに抱き合う家族の姿が見られた。代表取材団によると、数え年で99歳のハン・シンジャさんは戦争の混乱で北朝鮮に残した70代の娘2人と再会したとたん、互いに涙が止まらず、言葉を詰まらせた。

 89人は22日まで滞在し、21日には宿泊先で個別面会も行われる。24~26日には、北朝鮮側が選出した83人が韓国側家族と再会する予定だ。離散家族は高齢化が進み、参加者の大部分が80歳以上で、最高齢は101歳の男性。南北は100人ずつの参加で合意したが、健康上の理由で辞退するケースもあった。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、大統領府の会議で、再会行事は「南北がやるべき人道的事業の中でも最優先事項だ」と述べ、行事の定例化など、事業を拡大させる必要性を強調した。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権は、文氏が強く望む再会行事に応じることで、9月中の3回目の首脳会談と合わせ、文政権の取り込みを加速させ、経済協力や朝鮮戦争の終戦宣言での協力を引き出す狙いがあるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ