PR

ニュース 国際

「新植民地主義望まぬ」 訪中のマハティール首相が中国を牽制 友好的な対中政策継続も強調

Messenger

 【北京=西見由章】中国を訪問しているマレーシアのマハティール首相は20日、北京で習近平国家主席らと会談した。マハティール氏は李克強首相との会談後の共同記者会見で、中国が進める経済圏構想「一帯一路」の関連事業中止を念頭に「われわれの財政上の問題について、中国側の理解を得られると信じている」と述べた。

 マハティール氏は5月に首相に返り咲いて以降、ナジブ前首相=収賄罪などで起訴=が進めた総事業費約200億ドル(約2兆2千億円)の「東海岸鉄道」(ECRL)など中国主導のインフラ計画を相次いで中止。対中依存を深め、負債を増加させたとして前政権への批判を強めてきた。20日の記者会見でマハティール氏は「新たな植民地主義は望まない。貧しい国が豊かな国と競うのは困難だ」と述べ、中国を牽制(けんせい)した。

 一方、中国はマレーシアの最大の貿易相手国であり、本格的な関係悪化を避ける必要もある。マハティール氏は共同記者会見で、自らの政権が「友好的な対中政策」を継続することを強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ