PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】再会かなわず家族の死を知らされる参加者も… 小出しに人道問題に応じ、経済協力へ文在寅政権揺さぶる北朝鮮

Messenger

 北朝鮮には、朝鮮戦争で戦死した米兵遺骨の返還同様、人道的措置を小出しにし、交渉カードとして保持する思惑も垣間見える。

 半面、赤十字会談以後もメディアを通じて中国の北朝鮮レストランから韓国に集団亡命した女性従業員らの送還問題が解決しなければ、再会行事にも「支障が出かねない」と威圧。再会行事なども「雰囲気作り」にすぎないと不満を示し、中断された経済協力事業の開城(ケソン)工業団地や金剛山観光の再開を迫った。

 文政権は金剛山の再会会場の補修などでも国際社会の対北制裁に抵触しないよう腐心してきた。だが、米国では、北朝鮮との鉄道連結など経済協力に意欲を示す文氏の姿勢が制裁の歩調を乱すことを懸念する声も出ている。北朝鮮には、離散家族の再会行事や9月中の首脳会談に応じることで、文政権を米政府の制裁路線から引き剥がそうとする意図もありそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ