PR

ニュース 国際

トルコが牧師釈放の見返りに国営銀行の捜査中止を米に要請 米紙報道

Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】米国人のアンドリュー・ブランソン牧師がトルコで軟禁されている問題で、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は19日、トルコが米国に対し、牧師の釈放の見返りにトルコ国営ハルク銀行への捜査中止を求めてきたと伝えた。米側はトルコが牧師らを釈放するまで二国間の問題を協議しないとして提案を拒否した。ホワイトハウス高官の話として報じた。

 ハルク銀行はイランに対する制裁逃れに加担したとして、元副最高経営責任者(CEO)が今年5月、米国で有罪判決を受けている。エルドアン大統領が首相時代にハルク銀行の行動を承認していたとの証言もあったが、トルコ政府は否定している。

 同紙によると、米政府は捜査を続行中で、トルコへの圧力強化の一環として近くハルク銀行に罰金を科すことを検討。金額は数十億ドル(数千億円)に上る可能性があるという。

 米政府は牧師の逮捕・拘束をめぐりトルコの閣僚2人を制裁対象に指定し、国家安全保障のためとしてトルコからの鉄鋼・アルミニウムへの追加関税も倍増。今週中にも新たな制裁を発表する見通しとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ