PR

ニュース 国際

【米中貿易戦争】23日に新たな関税発動、応酬激化 続く我慢くらべ

Messenger

 【ワシントン=塩原永久】貿易問題で対立する米国と中国が23日、新たな制裁関税と報復措置を互いに発動する。7月上旬に双方が発動した関税分を含め、米中が相手の輸出品に課す関税対象品の規模は、それぞれ約500億ドル(約5兆5千億円)に拡大。関税発動の応酬が両国経済に及ぼす影響も次第に深刻化する見通しで、2大経済大国による「貿易戦争」は我慢比べの様相を深めている。

 中国の知的財産権侵害を問題視するトランプ米政権は6月、米通商法301条に基づき、中国からの計500億ドル相当の輸入品に25%の関税を上乗せする制裁を決めた。米国はまず7月6日に340億ドル分を発動。今月23日に残り160億ドル分の適用を始める。

 中国政府は7月6日の米制裁に即日、同規模の報復を実施した。今月23日の新たな制裁にも即座に反撃する方針を表明している。

 これに対し、トランプ米政権は「中国が不公正取引を改めようとしない」として、さらに2千億ドル(約22兆円)相当の大規模制裁を準備している。中国も対抗する構えで、米中の2大経済大国は、制裁と報復を繰り返す歯止めのない泥沼に陥りつつある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ