PR

ニュース 国際

文在寅大統領の側近、逮捕状審査のため出頭 世論操作共謀疑い

17日、逮捕状審査を受けるためソウル中央地裁に出頭した韓国の金慶洙・慶尚南道知事(共同)
Messenger

 韓国与党「共に民主党」の元党員の男がインターネット上で世論操作をしたとされる事件をめぐり、男と共謀した疑いがある同党の金慶洙・慶尚南道知事が17日、逮捕状審査を受けるためソウル中央地裁に出頭した。金氏は文在寅大統領の側近。地裁判断は17日夜以降の見通し。

 金氏は出頭した際、記者団に「法廷でもこれまで同様に誠実に(自らの主張を)説明したい」と述べた。金氏は昨年の大統領選で文氏の陣営幹部を務め、今年6月の統一地方選で知事に当選した。逮捕されれば文政権にとって打撃となる。

 韓国メディアによると、金氏はこれまでの事情聴取で容疑を全面否認。金氏は男の事務所を訪ねて世論工作するためのプログラムを確認した上で、これを使うことを承認した疑いなどが持たれている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ