産経ニュース

【金正男氏殺害】審理継続決定で裁判長期化へ アイシャ被告は法廷内で「涙」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
審理継続決定で裁判長期化へ アイシャ被告は法廷内で「涙」

16日、武装した警察官らに囲まれて法廷を出るシティ・アイシャ被告=クアラルンプール近郊(共同) 16日、武装した警察官らに囲まれて法廷を出るシティ・アイシャ被告=クアラルンプール近郊(共同)

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が昨年、マレーシアの空港で猛毒の神経剤を顔に塗られ殺害された事件で、実行犯として殺人罪に問われた女2被告の第1審の公判が16日、クアラルンプール近郊の高裁で開かれた。裁判所は、検察側が進めてきた立証結果に妥当性があるとの判断を示し、審理の継続を決めた。

 起訴状などによると、ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン(30)とインドネシア国籍のシティ・アイシャ(26)の2被告は昨年2月13日、北朝鮮国籍の男4人と共謀し、クアラルンプール国際空港で正男氏の顔に神経剤VXを塗り、殺害したとされる。男4人は直後に出国、北朝鮮に帰国したとみられる。殺人罪は死刑が適用される。

 裁判官は、正男氏への攻撃直後に慌ててトイレに向かった両被告の様子が映った防犯カメラの映像などから、犯罪の認識があったと見ることが妥当との判断を示した。動機では「政治的な暗殺である可能性」に言及し、北朝鮮が国家的に事件へ関与したとの見方を排除しなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 審理継続決定で裁判長期化へ アイシャ被告は法廷内で「涙」
  • 審理継続決定で裁判長期化へ アイシャ被告は法廷内で「涙」
  • 審理継続決定で裁判長期化へ アイシャ被告は法廷内で「涙」

「ニュース」のランキング