PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】「建国70年」を祝えない韓国 来年を100周年とすえ、北との歴史共闘目指す文在寅氏

15日、ソウルで開催された「光復節」の記念式典で、韓国旗を振る文在寅大統領と金正淑夫人(前列中央)ら(AP)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】韓国にとって15日は新国家成立70年に当たるが、政府が「建国70年」を祝賀することはなかった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が1919年の亡命政府発足を「建国」とみなし、前政権までの「48年建国」説を否定したからだ。文氏はさらに独立運動からも100年となる来年に向け、北朝鮮との“歴史共闘”を進めようとしている。

 文氏は15日、日本統治からの解放に当たる「光復節」の演説で、「南北間に平和を定着させ、自由に往来して一つの経済共同体をつくることが、われわれにとって真の光復だ」と強調した。緊張緩和や平和定着を条件に、北朝鮮との境界地域に「統一経済特区」を新設することも表明した。

 北朝鮮との協力強化は経済にとどまらない。文氏は日本からの独立運動である3・1運動から100年となる来年に南北共同で記念事業を行う計画を打ち出している。14日には、中国で初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)の遺骨発掘を北朝鮮と協力して進める方針を明らかにした。

 国内では、中国での亡命政府である上海臨時政府が発足した19年4月を「建国」とみなす近代史の“書き換え”を進めている。小学生の社会科教科書にあった「48年8月15日に大韓民国樹立」との表現が今年から「政府樹立」に変わった。中高生の歴史教科書でも同様に記述を変更する試案が示されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ