PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】米国、「終戦宣言よりも非核化」 北朝鮮との交渉態勢強化へ

米国務省のナウアート報道官(AP)
Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省のナウアート報道官は14日の記者会見で、北朝鮮が米国との信頼醸成の一環としてトランプ政権に朝鮮戦争の終戦宣言を要求していることに関し、「関係国が平和に向けて前進できるようなメカニズムを支持するが、米国にとって最大の焦点は朝鮮半島の非核化だ」と指摘し、非核化の進展を優先させる立場を改めて示した。

 ナウアート氏はまた、「北朝鮮との非核化に向けた交渉と対話は恒常化しつつある」と述べ、米朝が頻繁に接触を重ねていると強調。北朝鮮との交渉態勢の強化に向け、空席となっている北朝鮮担当特別代表の穴を埋める人事を近く発表すると明かした。

 ポンペオ国務長官の再訪朝が取り沙汰されていることに関しては「現時点で発表できることはない」とするにとどめた。

 一方、非核化交渉が停滞しているとの指摘に対しては、二国間対話が長年途絶えていた米朝が話し合っていること自体が進展だ」と反論。北朝鮮が朝鮮戦争で死亡した米兵の遺骨を返還したことも「正しい方向に向けた一歩」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ