PR

ニュース 国際

米聖職者、未成年1000人虐待 1950年代から、組織的隠蔽も

記者会見で、カトリック教会としての声明を読み上げるローレンス・T・パーシコ・エリー主教区司教=14日、米エリーの聖マーク・カトリックセンター(AP)
Messenger

 米東部ペンシルベニア州の司法当局は14日、同州でカトリック聖職者少なくとも300人が1950年代から数十年にわたり、千人以上の未成年に性的虐待をし、組織的に隠蔽していたと発表した。

 実際の被害者数はさらに多い可能性があるとしている。現在83歳になる被害者も含まれ、大半のケースは既に時効を迎えている。

 米メディアによると、司法当局がまとめた報告書は、教会の指導部が悪評を避けるため、聖職者による虐待の関与を知りながら警察に通報しなかったと指摘。ペンシルベニア州のシャピロ司法長官は記者会見で、虐待した聖職者らはこうした性的行為が「神聖なもの」であるかのように説き、被害者らの「信仰心」を利用して告発をとどまらせていたと非難した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ