PR

ニュース 国際

【歴史戦】「韓日の外交紛争望まず」 初の慰安婦記念日式典で文在寅韓国大統領 「外交で解決しない」とも

14日、韓国政府主催の慰安婦記念日の式典に出席し、元慰安婦の女性の手を握る文在寅大統領=韓国・天安(聯合=共同)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国で今年から法定記念日に定められた「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の14日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は中部、忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市の国立墓地「望郷の丘」で開かれた韓国政府による初の記念式典に出席した。

 文氏は演説で慰安婦問題について「韓日間の外交交渉で解決するとは考えていない」とし、「韓日を含む全世界が性暴力と女性の人権問題を深く反省し、再び繰り返さないと固く教訓としたときに解決される」と語った。

 一方で「問題が韓日間の外交紛争につながらないことを望む」と指摘する半面、「慰安婦問題は韓日の歴史問題にとどまらない。戦時の女性への性暴力の問題で人類の普遍的な女性人権問題だ」と強調した。記念日は文政権で法制化されたが、日本への責任追及を避け、文氏なりに日本への配慮を示したかたちだ。

 式典では慰安婦の追悼碑の除幕式が行われ、元慰安婦や市民団体、青少年を含む400人余りが参加した。韓国各地ではこの日、市民団体による慰安婦像の新たな設置などが行われた。ソウルの日本大使館前では集会が開かれ、参加者が慰安婦問題をめぐる日韓合意の破棄を訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ