PR

ニュース 国際

盗掘イラク文化財故郷へ 古代シュメール遺物など 大英博物館調査で特定

イラク側に引き渡された約5000年前の円すい状の遺物。くさび形文字が刻まれている(大英博物館提供・共同)
Messenger

 密売品の可能性があるとして15年前にロンドン警視庁が押収した文化財8点が、大英博物館の調査によりイラク南部テルローの遺跡で盗掘された約5000年前の遺物と特定され、近くイラクに戻ることになった。同博物館が10日、英国のイラク大使館に遺物を引き渡したと発表した。

 8点は粘土製の円すい状のものや印章、動物形の魔よけのペンダントなど。ロンドンの古物商が必要な証明書を持っていなかったため、2003年5月に警察が押収。古物商は営業を停止し、王室の所有を経て大英博物館に持ち込まれた。

 うち3点には、古代シュメール時代のくさび形文字が刻まれており、解読の結果、テルローにあったエニンヌ神殿のものと分かった。

 同遺跡はイラク戦争が始まった03年初めまでは手つかずで、この8点も同年に盗まれた。夜間に数人の手によって盗掘されたとみられている。大英博物館が16年からこの遺跡の発掘調査を行っている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ