産経ニュース

【激動・朝鮮半島】なぜ塩辛や納豆工場にナマズ養殖所 正恩氏の視察に込めた狙い

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
なぜ塩辛や納豆工場にナマズ養殖所 正恩氏の視察に込めた狙い

北朝鮮・黄海南道の塩辛加工工場を李雪主夫人と共に視察し、満足げな笑顔を浮かべる金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が8日報じ(朝鮮中央通信=朝鮮通信) 北朝鮮・黄海南道の塩辛加工工場を李雪主夫人と共に視察し、満足げな笑顔を浮かべる金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が8日報じ(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が李雪主(リ・ソルジュ)夫人を伴って南西部、黄海南道(ファンヘナムド)の塩辛加工工場を視察したことを伝え、正恩氏を「人民の食卓に嗜好(しこう)に合うおかずを一つでも多く並べるために心を砕く最高指導者」と評した。同国初の近代的塩辛工場で、正恩氏の発案で朝鮮人民軍が建設したという。

 北朝鮮メディアは7月下旬以降、正恩氏が納豆工場やトロリーバス工場などを「息が詰まるような猛暑の中」、連日視察する様子を報道。制裁による経済的逼迫(ひっぱく)が続く中、庶民の食や足の問題に気を配る姿を喧伝(けんでん)することで、不満を押さえ込む狙いがあるようだ。

 党機関紙、労働新聞は5日、7月1日以降、正恩氏の視察地が20カ所を超えたとし「人民のための愛と献身の強行軍だ」と伝えた。

 6日に報じられた軍が運営するナマズ養殖場の視察では「内閣や省ではなく、党の指示なら決死貫徹で応える軍が担っているので、党は安心だ」と述べた。経済政策を担う内閣への現場での叱責が目立つ一方、軍の経済活動を賞賛することで、米国との非核化交渉に不満を持ちかねない軍部のガス抜きも図っている。

このニュースの写真

  • なぜ塩辛や納豆工場にナマズ養殖所 正恩氏の視察に込めた狙い

「ニュース」のランキング