PR

ニュース 国際

北京五輪の「レガシー」はいま 開幕から10年、一部は廃墟化

砂のコートに雑草が生え、観客席の手すりも錆び付いた北京五輪のビーチバレー会場=6日、中国北京市(西見由章撮影)
Messenger

 2008年北京五輪の開会式から8日で10年を迎える。中国当局は五輪をテコに国威発揚とインフラ整備を進めたが、そのレガシー(遺産)は各種スポーツの普及という本来の使命を果たしているのか。市内の会場跡地を歩いた。(北京 西見由章)

 「中には入れないよ。五輪後はほとんど使われてないって話だ」。6日午後、北京五輪のビーチバレー会場を訪れると、会場に隣接する駐車場でビアガーデンの準備が進められていた。警備員によると会場内は立ち入り禁止だ。外側のトイレだけがビアガーデンの来場者ら向けに開放され「有効利用」されていた。

 1万2千人収容の専用スタジアムで周辺施設も含めると総建設費は2億元(約32億円)。施錠されたフェンス越しに中をのぞくと観客席の手すりはさび付き、砂のコートは雑草が生えるなど“廃墟”感が漂う。

 跡形もなく撤去され、人々の記憶にすら残っていない施設もある。1万5千人収容の野球場は、中国で普及していないことなどを理由に開催翌年に撤去された。現在は大型ショッピングセンターが整備されている。「野球場? よくわからない」。警備員ら5人ほどに跡地の正確な場所を聞いて回ったが、かつてスタジアムがあったことすら知らない。ようやく年配の駐車場管理員が跡地の大まかな場所を教えてくれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ