PR

ニュース 国際

北海道から英へ、エゾヒグマ4頭空輸 アイヌ博物館が閉館、ヨークシャーの動物公園で新生活

Messenger

 【ロンドン=岡部伸】英BBC放送によると、北海道白老町のアイヌ民族博物館から北海道に生息するエゾヒグマ4頭が約8700キロ空輸され、6日から英中部のヨークシャー野生動物公園に移動して新生活を始めた。

 4頭は、リク、カイ、ハナコ、アムの雄雌で、年齢は17-27歳と高齢。3月に閉館したアイヌ民族博物館では、4頭は展示のため狭いおりに入れられ、資金難から生育環境も決してよくなかった。閉館後も日本国内で引取先がなかったため、世界の動物愛護団体が協力して英国の同公園への引き渡しが実現した。

 同公園では、4頭が新生活に慣れた後、屋外の保護区で育てる。エゾヒグマは北海道の石狩西部と天塩、増毛の地域個体群が、絶滅のおそれがある地域個体群(LP)に指定されている。

 同公園のデビー・ポーター動物部長は、「ハナコは最初に“新居”に慣れて草を食べた。日本に約1万頭しか生息しないエゾヒグマを歓迎して育てたい」と話している。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ