産経ニュース

【激動・朝鮮半島】「信頼醸成は困難」北外相、米国を批判 ASEAN関連閣僚会議

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
「信頼醸成は困難」北外相、米国を批判 ASEAN関連閣僚会議

 ASEAN地域フォーラム閣僚会議で、北朝鮮の李容浩外相(右)に歩み寄るポンペオ米国務長官=4日、シンガポール(共同)  ASEAN地域フォーラム閣僚会議で、北朝鮮の李容浩外相(右)に歩み寄るポンペオ米国務長官=4日、シンガポール(共同)

 【シンガポール=吉村英輝】アジア太平洋地域などの安全保障について各国が意見交換する、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議(参加27カ国・機構)が4日、シンガポールで開かれた。

 会議に参加した北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は演説で、6月の米朝首脳会談の共同声明に沿って、朝鮮戦争で死亡した米兵の遺骨返還などにすでに着手していると主張。一方で米側は、早期の非核化に執着して、経済制裁維持を国際社会に呼びかけており、「信頼醸成」が困難だと訴えた。

 北朝鮮が発表した声明文によると、李氏は参加各国に、史上初の米朝首脳会談を経て、朝鮮半島が安定に向け、重大な時期を迎えたと指摘。ただ、経済制裁維持を呼びかけ、朝鮮戦争の終戦宣言に応じない米国の態度を問題視。体制保証を重視する北朝鮮はいらだちを強めている。

 また、北朝鮮が今年9月に予定する建国70周年記念行事で、米国が関係国へ「高官を派遣しないよう圧力をかけている」とし、信頼醸成に「極めて不適切だ」とし、批判のトーンを強めた。

 一方、ポンペオ米国務長官は4日の記者会見で、北朝鮮の核問題に関し「完全で検証可能な非核化を実現するまで、外交的・経済的圧力をかけ続けなければならない」と強調。北朝鮮への制裁を厳密に履行するよう関係国に訴えており、米朝双方の主張は平行線をたどり、溝は埋まらなかった。

 一方、ARFに先立ち同日開催された、東アジアサミット(EAS、同18カ国)閣僚会議では、外交筋によると、中国が実効支配を強める南シナ海問題に関し、米国と中国が互いを非難し激しく対立した。

 一連のASEAN関連閣僚会議は4日、閉幕した。

このニュースの写真

  • 「信頼醸成は困難」北外相、米国を批判 ASEAN関連閣僚会議
  • 「信頼醸成は困難」北外相、米国を批判 ASEAN関連閣僚会議
  • 「信頼醸成は困難」北外相、米国を批判 ASEAN関連閣僚会議

「ニュース」のランキング