PR

ニュース 国際

勝利から1カ月 メキシコ次期大統領、「大衆迎合」姿勢消える? 目立つ現実路線

Messenger

目玉政策は…

 「われわれが求めているのは、全ての人に予算が行き渡ることだ」。こう語るオブラドール氏は、自身や高級官僚の給与を半減させるための法改正案を提示。増税をしないという主張は撤回していないが、当初ポピュリズムと評された目玉政策は影を潜めつつある。

 米ブルームバーグ通信(電子版)によると、歳出削減のため中止を訴えていたメキシコ市の新空港建設をめぐっては、施設を政府が保有したまま運営を民間に委ねるといった複数案を示し、事業継続に向けて柔軟姿勢に転じた。

 現政権などが進めてきたエネルギー分野の構造改革への強い批判もトーンダウンした。地元紙「エル・ユニバーサル」(電子版)によると、選挙期間中は「大統領に就任すればガソリン価格を下げる」と主張していたが、最近では「市場価格に介入する考えはない」と態度を豹変(ひょうへん)させた。

様子見続く?

 移民問題や国境での壁建設でメキシコに難題を突きつけてきたトランプ米政権に対しては、勝利演説で「米国とは友好と協力関係を築きたい」と訴え、強硬な態度を控えている。

 AP通信によると、7月にメキシコ市を訪れたポンペオ米国務長官との会談は「雰囲気は良かった」(新政権の外相に内定しているエブラルド氏)といい、ここでも融和ムードを演出してみせた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ