PR

ニュース 国際

河野太郎外相、対北制裁の完全な履行を確認 ビショップ豪外相と会談 

河野太郎外相
Messenger

 【シンガポール=小川真由美】シンガポールを訪問中の河野太郎外相は3日(日本時間同日)、オーストラリアのビショップ外相と会談し、北朝鮮に対して核を含む全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」を求めていく方針で一致した。北朝鮮の完全な非核化に向け、国連安全保障理事会で決めた経済制裁を完全に履行する重要性も確認した。

 両氏の会談は5回目で、約40分間行われた。北朝鮮による洋上での密輸取引「瀬取り」を防ぐため、海上自衛隊と米豪などが参加している警戒監視活動など、両国が協力して対北制裁の抜け穴を防いでいく方針も申し合わせた。

 中国の海洋進出を踏まえ、自衛隊と豪軍が互いの領域での運用を円滑にするための新協定「訪問部隊地位協定(VFA)」の早期妥結など防衛協力を進めることで一致した。安倍晋三首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」の共有を確認。米国がインド太平洋地域のインフラ整備のために設立するファンドについても話し合った。

 河野氏は、欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表やインドネシアのルトノ外相と個別に会談したほか、日・メコン外相会議に出席し、北朝鮮問題や南シナ海情勢について意見交換した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ