PR

ニュース 国際

ジンバブエで抗議デモ 大統領選めぐり野党が反発、死者も

1日、ジンバブエの首都ハラレで、ムナンガグワ大統領の垂れ幕を燃やす野党の支持者ら(ロイター)
Messenger

 【カイロ=佐藤貴生】ジンバブエで7月30日に投票された大統領選と議会選で、野党支持者らは1日、選管当局が票を操作しているとの疑いを強め、首都ハラレで抗議デモを行って治安部隊と衝突した。ロイター通信によると少なくとも1人が射殺された。約37年にわたり強権支配を続けたムガベ前大統領(94)が昨年11月に辞任し、民主化や経済回復に向けた好機とみられていたが、その期待がかき消されつつある。

 選管は1日までに、議会選で与党が全議席の3分の2を獲得したとする一方、大統領選では開票経過も発表しておらず、野党支持者が反発した。与党を率いて大統領選に出馬したムナンガグワ現大統領(75)は国民に開票結果の発表を待つよう呼びかけたが、対抗馬と目される野党議長のチャミサ氏(40)は、選管が不正を行っていると批判している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ