PR

ニュース 国際

フランコ総統の墓移転で波紋 スペイン左派政権が方針表明、歴史問題が国内対立を招く懸念も

スペイン・マドリード北西の「戦没者の谷」にある埋葬施設=6月(ロイター)
Messenger

 【パリ=三井美奈】スペインで、1975年まで36年間、独裁を敷いたフランシスコ・フランコ総統の墓を近く移転する方針をサンチェス首相が先月発表し、波紋を広げている。墓はフランコがスペイン内戦(36~39年)勝利後に建造した慰霊施設にあり、首相は「民主化時代にふさわしくない」と主張するが、歴史問題が国内の対立を招くという懸念も強い。

 墓はマドリードの北西約40キロの「戦没者の谷」にある。森林の中にそびえる約150メートルの十字架と大聖堂からなる施設で、フランコが、内戦の戦没者をたたえて葬るために建設した。工期は18年間に及び、左派の政治犯が労働を強いられた。フランコ自身も死後、大聖堂に埋葬された。

 埋葬された約3万人の中には左派兵士もいるが、家族に知らされず、現在も身元不明になっているケースが多い。施設は「右派の勝利」の象徴とみなされ、独裁による弾圧の犠牲者は調査を求めてきた。

 サンチェス首相の社会労働党政権は6月に発足したばかり。首相は7月半ば、国会で「長年の(歴史の)傷痕を埋めるときが来た」と述べ、施設からフランコの墓を撤去するため、国会に承認を求める方針を示した。墓の移転先は明らかにしなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ