PR

ニュース 国際

与党圧勝か、投票率焦点 カンボジア下院選開始

カンボジア・カンダル州の投票所で、二重投票防止用のインクを付けた指を見せるフン・セン首相(右)=29日(共同)
Messenger

 カンボジア下院選の投票が29日、始まった。即日開票され、同日夜(日本時間深夜)にも大勢が判明する見通し。最大野党だったカンボジア救国党を昨年、解党に追い込んだフン・セン首相の与党カンボジア人民党が圧倒的に有利な情勢だ。

 救国党側は投票ボイコットを呼び掛けており、投票率が焦点。前回の投票率は69・61%だった。フン・セン氏は29日朝、中部カンダル州で投票した。

 125議席を、人民党を含む20党が全国25選挙区の比例代表制で争う。2013年の前回は救国党が得票率で人民党に迫った。今回は人民党以外、前回は議席がなかった小政党ばかりで、政権批判票の受け皿としては非力だとの見方が大勢だ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ