PR

ニュース 国際

【シリア情勢】IS、シリア南部安定化の流れに焦り 追い詰められる前に戦闘力誇示

25日、シリア南部スワイダ県で、自爆テロで破壊されたとみられる車(国営シリア・アラブ通信提供、ロイター)
Messenger

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)がシリア南部スワイダで行った大規模な攻撃は、米露が南部一帯の情勢安定化で協力すると確認した直後に起きた。昨年10月に同国での最大拠点だった北部ラッカから敗走し求心力を失っているISが存在感と攻撃能力を誇示した格好だが、そのタイミングからは、シリア内戦の終結に向けた動きを妨げる狙いがうかがえる。

 「100人以上の背教者が死亡した」。ISは声明でこう述べ、大規模攻撃の能力を維持していると強調した。実態は不明だが、スワイダ周辺のISはシャリーア(イスラム法)に基づく国家建設を唱えてISに合流したジハード(聖戦)主義勢力が母体とされ、1千人規模の民兵を擁するとされる。IS全体が弱体化する中、独自の判断で攻撃を実行した可能性もある。

 問題はタイミングだ。

 トランプ米大統領とプーチン露大統領は今月16日の首脳会談で、イスラエルの安全保障に共同で取り組むことで合意した。イスラエルはシリア南部との境界にある要衝のゴラン高原を占領下に置いているが、今回の米露合意は、イスラエルの軍事的優位を維持するため、シリア南部の安定化を目指すことをも意味する。

 そんな中で、アサド政権側とその後ろ盾であるロシアは20日、ゴラン高原に隣接するクネイトラから反体制派武装勢力を退去させ、南部一帯での勝利を決定づけている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ